F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2017/08/26

予選Q1、マクラーレン勢共にQ2進出果たす

26日(土)午後2時(日本時間:午後9時)からスパフランコルシャンを舞台にベルギーGPの公式予選Q1が始められた。
セッション直前の天候は晴れ、気温23度、路面温度は35度と上昇、湿度58%、雨の心配はなさそうと報告されている。
18分間で争われるここでは全20台中、下位の5台がノックアウトとなる。
なお今回のベルギーGPに用意されたピレリタイヤはウルトラソフト、スーパーソフト、そしてソフトタイヤの3種類。
なお午前に行われたフリー走行中、Wイエローを無視したとしてマッサ(ウィリアムズ)に予選グリッド5番降格のペナルティが通知されている。
またフェラーリ・チームのベッテルが、2020年まで3年の契約延長をしたと伝えられた。

最初のアタックできなり本命ライコネン(フェラーリ)がリヤのバイブレーションを訴えた。
トップタイムはハミルトン(メルセデス)、以下ベッテル(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、ライコネン(フェラーリ)、ボタス(メルセデス)、リカルド(レッドブル)、オコン(フォース・インディア)、ヒュルケンバーグ(ルノー)、、サインツ(トロ・ロッソ)、そしてバンドーン(マクラーレン)という順。
アロンソ(マクラーレン)は14番手。

ここで敗退となったのはマッサ(ウィリアムズ)、クビアト(トロ・ロッソ)、ストロール(ウィリアムズ)、エリクソン(ザウバー)、そしてウェーレイン(ザウバー)の5台となった。



Google

Copyright (C) FMotorsports 2016 All Rights Reserved.