F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/02/14

リバティ・メディア、オランダGP復活に向け動き

TT Circuit Assen
F1の新オーナーであるリバティ・メディアが、オランダGP復活に向けて積極姿勢であるようだ。
これはリバティ・メディアがF1オランダGPの商標登録を行っていたことが報じられたため。
事実であれば開催に向けすでにゴーサインが出されたとも受け取れるニュースだ。
いまオランダでは同国出身の逸材であるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)の活躍もありF1人気が高まっているとのこと。

オランダGPは近代F1の黎明期である1952年にザンドフールトで初開催された歴史あるグランプリだが1985年を最後に開催が途絶えている。

開催にはすでにドレンテ州にある通称アッセン(正式名『ツーリスト・トロフィ・サーキット・アッセン』)が名乗りを挙げているが、しかしF1には低速コースで規模も小さいことからF1グランプリ開催となればそれなりの改修が必要になるものとみられる。
1952年からスタートしたオランダGPは長い歴史を誇るが、これまではすべてザンドフールトを舞台に行われてきた。
最後の開催は1985年で、この時はマクラーレン・ポルシェを駆ったニキ・ラウダが優勝している。



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.