F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/03/24

ウェットの豪GPフリー3回目、ベッテル(フェラーリ)最速

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
24日(土)14時(日本時間:12時)、公式予選を前にオーストラリアGPフリー走行3回目セッションがメルボルンのアルバートパーク特設コースで行われた。
セッション開始時の気温は18度、路面温度21度、湿度は92%で、天候は小雨、心配されたように路面はウェットコンディションとなっている。

各車様子見が多い中、セッション前半の30分を過ぎてもコースインしていないのはストロール(ウィリアムズ)とハミルトン(メルセデス)のみ。
ストロールは昨日ストップしたギヤボックス・トラブルか、ガレージ内で作業が行われている。

ストロールが復帰したのは残り15分ほどのところで、これで全車がコースに入ったことになった。
この時点で多いドライバーは10周以上しているが、フォース・インディアの2台はインストレーションラップだけでまだタイムを記録していない。

最後は路面もほぼ乾き、ドライタイヤでのクルマも現れる中、最速タイムを記録したのはウルトラソフトを履いたベッテル(フェラーリ)で1'26.067という段違いのタイムをマークしてみせた。
2番手はライコネン(フェラーリ)で2.432秒差。
3番手エリクソン(ザウバー)!、4番手フェルスタッペン(レッドブル)、5番手サインツ(ルノー)、6番手リカルド(レッドブル)、7番手ボタス(メルセデス)、8番手ハミルトン(メルセデス)、9番手バンドーン(マクラーレン)、10番手アロンソ(マクラーレン)だった。
トロ・ロッソ・ホンダはガスリー11番手、ハートリー12番手。
フォース・インディア勢は結局インストレーションラップのみでノータイムのまま終えた。
オーストラリアGPフリー走行3回目の結果はこちら
オーストラリアGPの画像はこちら



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.