F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/04/09

バーレーンGPはベッテル優勝、トロ・ロッソ・ホンダ4位入賞

Sebastian Vettel (C)Ferrari S.p.A
拡大します
8日(日)18時10分(日本時間:24時10分)から今季F1第2戦バーレーンGPの決勝レースが行われた。
レース前の天候は晴れ、すでに日が傾いて気温28度、路面温度34度、湿度44%でドライコンディション、決勝レース中に雨が降る心配はないと報告されている。
なお予選4番手だったハミルトン(メルセデス)はギヤボックス交換によるペナルティで9番グリッドとなっている。

オープニングラップでリカルド&フェルスタッペンのレッドブル勢が相次いでトラブル。
リカルドは電気系とみられるトラブルでストップ、フェルスタッペンは右リヤタイヤをバーストさせてスローダウン、結局両者共にリタイヤとなった。
10周目、ペレス(フォース・インディア)との接触で10位走行中のハートリー(トロ・ロッソ)に10秒のタイムペナルティが通告された。
36周目、ピットインした4位走行中のライコネン(フェラーリ)が左リヤタイヤの作業中に発進、直後ピットレーン上にストップしてリタイヤ。

57周のレースは結局ポールポジションからスタートしたこれが200戦目のベッテル(フェラーリ)がソフトタイヤで逃げ切り優勝。
今季これで開幕戦に続く2連勝で自身通算49勝目。
2位はファイナルラップまでギリギリベッテルを追い詰めたボタス(メルセデス)で両者の差はわずかに0.699秒という僅差だった。

3位は9位スタートから追い上げたハミルトン(メルセデス)。
4位にはなんとトロ・ロッソのガスリーが飛び込んだ。
もちろん自身最高位でトロ・ロッソ・ホンダとしても最高位。
ホンダはマクラーレン・チームとの3年の最高位が5位だったので゜これも更新したことになる。
5位マグヌッセン(ハース)、6位ヒュルケンバーグ(ルノー)、7位アロンソ(マクラーレン)、8位バンドーン(マクラーレン)、9位エリクソン(ザウバー)、10位のオコン(フォース・インディア)までが入賞。
以下、ム11位サインツ(ルノー)、12位ペレス(フォース・インディア)、13位ハートリー(トロ・ロッソ)、14位ルクレール(ザウバー)、15位グロージャン(ハース)、16位ストロール(ウィリアムズ)、17位シロトキン(ウィリアムズ)までが完走。
リタイヤはライコネン(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、リカルド(レッドブル)の3台。

レッドブルはレース序盤のWリタイヤでドライバーも早々にガレージを後にしたが、ガスリー起用の責任者でもある同陣営のヘルムート・マルコ/アドバイザーがレース後トロ・ロッソのガレージを訪れてスタッフを労っていたのが印象的だった。
続いて次戦中国GPは連続開催で行われる。

バーレーンGP決勝レースの結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.