F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/04/13

中国GPフリー1回目、ハミルトンが余裕のトップタイム

Shanghai Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
13日(金)10時(日本時間:11時)から2018年第3戦中国GPのフリー走行1回目セッションが現地上海の上海国際サーキットで行われた。
今回持ち込まれたピレリのタイヤはミディアム、ソフト、そしてスーパーソフトを飛ばしてウルトラソフトの3種。
セッション開始時の気温は18度、路面温度19度、湿度は39%、天候は曇りで路面はドライコンディションと報告されている。

90分間に渡るセッションは特にアクシデントやトラブル等もなく終了。
トップタイムはただ一人ベストタイムを1分33秒台に入れた本命ハミルトン(メルセデス)。
このタイムもウルトラソフトを履いてのものではなく、走行は終始レース・セッティングを見越したロングラン重視のもの、これまでで最も余裕がある様子に見えた。

2番手はフェラーリのライコネンでトップとは0.359秒差。
3番手ボタス(メルセデス)、4番手リカルド(レッドブル)、5番手フェルスタッペン(レッドブル)、6番手ベッテル(フェラーリ)、7番手マグヌッセン(ハース)、8番手サインツ(ルノー)、9番手グロージャン(ハース)、10番手ヒュルケンバーグ(ルノー)。
ここでもスピードをみせるハース勢だが『課題』のピットストップ練習を繰り返していたのが印象的。

トロ・ロッソはガスリー11番手、ハートリー16番手。
マクラーレンはアロンソ12番手、バンドーン18番手だった。
このあと現地時間14時(日本時間:15時)からフリー走行2回目セッションが行われる。

中国GPフリー走行1回目の結果はこちら
中国GPの画像はこちら



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.