F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/05/17

トロ・ロッソ・ホンダ、2日目は順調にプログラム消化

STR Honda 『STR13』 (C)Honda Racing
拡大します
16日(水)、バルセロナ合同テスト2日目に臨んだトロ・ロッソ・ホンダは、午前中にショーン・ゲラエルが83ラップ、午後はレースドライバーであるピエール・ガスリーが39ラップを周回し、それぞれ12番手&9番手というタイムを記録した。

これについてホンダF1の本橋正充/副テクニカルディレクターは「今季初めてとなった今回のシーズン中テストでは、普段のレース週末のような大きなプレッシャーが掛からない環境で、ここまでに見えてきた課題や、今後に向けたアイデアを試すことができた。
PU(パワーユニット)としては、各コンポーネント間でどのようにエネルギーを効率的に使用できるかなど、特にPU全体のエネルギー配分に主眼を置いてテストをしてきた。
この2日間で得たことを今後のレースに活かすことができると感じている」と手応え。

またトロ・ロッソのジョナサン・エドルズ/チーフ・レースエンジニアは「バルセロナテストは、初日で困難なスタートを切った後、チームはプランを再構築し2日目を良い出だしで迎えることができた。
ゲラエルにとってSTR13できちんと走るのは初めてだったが、とても早く順応してくれ、昨日は予定していた周回数を走行できなかった分、今朝のセッションではゲラエルに優先順位の高いテスト項目をこなしてもらい、空力テストと特性評価、冷却装置の評価、そしてタイヤテストといくつかのメカニカルセットアップを試した。
午後はガスリーが担当。
エアロレイクを装着して何周か走行し始めたが、ステアリングに問題を発見し、それを修復するために時間を要し、午後4時までちゃんと走行することができなかった。
小さな問題はあったが、この2日間で予定していたすべての主要テスト項目をこなすことができた」と、締め括った。



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.