F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/09/02

イタリアGPはハミルトン(メルセデス)が逆転勝利

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
2日(日)15時10分(日本時間:22時10分)から今季F1第14戦イタリアGPの決勝レースが伝統のモンツァ・サーキットを舞台に行われた。
今回ピレリが持ち込んだタイヤはミディアム、ソフト、そしてスーパーソフトの3種類のタイヤ。
スタート前の気温は21度、路面温度は34度で雲は厚いもののドライコンディションと報告されている。

オープニングラップのシケインでベッテル(フェラーリ)をオーバーテイクしようとしたハミルトン(メルセデス)が接触、最後尾に落ちたベッテルはマシンにダメージを負ってピットイン、セーフティカーが導入された。
両者は審議対象とされたがお咎めなしに。
4ラップ目にレース再開、ハミルトンがトップに立つが抜き返される。
この時点で3位はフェルスタッペン(レッドブル)。
25周目、リカルド(レッドブル)が白煙を上げてストップ、新仕様のルノー・エンジンの筈だ。
45周目、ハミルトンがライコネンを交わしてトップに。
シケインの進入でリカルド(レッドブル)に接触したフェルスタッペン(レッドブル)に対し5秒のタイムペナルティが通告される。

53周のレースを制したのはハミルトン(メルセデス)で再びチャンピオンシップ・ポイントのリードを拡大した。
ハンガリーGP以来の勝利で今季6勝目、自身通算68回目、そしてここモンツァでは5回目の勝利となった。
2位ライコネン(フェラーリ)、3位フェルスタッペン(レッドブル)だがペナルティにより実質5位まで下がることになる。
4位ボタス(メルセデス)、5位ベッテル(フェラーリ)の二人は一つずつ昇格、6位グロージャン(ハース)、7位オコン(フォース・インディア)、8位ペレス(フォース・インディア)、9位サインツ(ルノー)、10位ストロール(ウィリアムズ)までが入賞。
11位シロトキン(ウィリアムズ)、12位ルクレール(ザウバー)、13位バンドーン(マクラーレン)、14位ヒュルケンバーグ(ルノー)、15位ガスリー(トロ・ロッソ)、16位エリクソン(ザウバー)、17位マグヌッセン(ハース)までが完走。
リタイヤはリカルド(レッドブル)、アロンソ(マクラーレン)、そしてハートリー(トロ・ロッソ)の3台となった。

F1次戦は2週間後、ヨーロッパを離れた第15戦シンガポールGP(9月16日決勝)となる。

イタリアGP決勝レースの結果はこちら
イタリアGPの画像はこちら



Google

Copyright (C) FMotorsports 2018 All Rights Reserved.