F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2018/10/05

日本GPフリー1回目、メルセデスAMG勢が1-2タイム

鈴鹿サーキット (C)Pirelli Motorsport
拡大します
5日(金)10時から鈴鹿サーキットを舞台に今季F1第17戦日本GPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は曇り、気温は21度、路面温度25度、路面はダンプ部分が一部にみられるものの基本的にドライコンディションと報告されている。
ピレリは今回、ミディアム、ソフト、そしスーパーソフトという堅めの3種類のタイヤを持ち込んでいる。
なお今回もマクラーレンはバンドーンに代え、来季の起用が決まっているランド・ノリスを走らせている。

各車周回を重ねる中、アロンソ(マクラーレン)がデグナーの一つ目で挙動を乱しコースアウト、グラベルに突入して緊張が走る場面がみられた。
さらにホンダ期待のガスリー(トロ・ロッソ)もグリーンで芝刈り。
幸い雨に見舞われることなく90分のセッションが終了、トップタイムはハミルトン(メルセデス)で1'28.691をマーク、2番手もボタス(メルセデス)が0.446秒差で続いた。
以下、リカルド(レッドブル)、ライコネン(フェラーリ)、ベッテル(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、オコン(フォース・インディア)、グロージャン(ハース)、ルクレール(ザウバー)、エリクソン(ザウバー)の順。
マクラーレンはアロンソ18番手、ノリス20番手、トロ・ロッソはガスリー11番手、ハートリー17番手だった。
このあと引き続きフリー走行2回目セッションが14時から行われる。

日本GPフリー走行1回目の結果はこちら
日本GPの画像はこちら