F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2019/03/02

合同テスト最終日、ベッテル(フェラーリ)が通算ベスト

Sebastian Vettel (C)Ferrari
拡大します
バルセロナ・サーキットを舞台に延べ8日間に渡って行われたシーズン前テストは3月01日(金)、その全ての日程を終えた。

前日に続いてベストタイムをマークしたのはフェラーリの『SF90』で、この日はセバスチャン・ベッテルが1'16.221を記録、これは昨年のスペインGPポールポジションにはわずかに及ばないものの、今回のテストではもちろん最速となるものだ。
エアロダイナミックス等のレギュレーション変更にもかかわらず、F1マシンの進化を如実に見せつけるものとなった。

そして2-3番手にはここまで鳴りを潜めていたハミルトン&ボタスの王者メルセデス勢が本領を発揮し、初めてタイミングモニターの上位に顔を揃えた。
4番手はルノーのヒュルケンバーグ。
午前のセッションでは僚友リカルドが8番手タイムをマークしている。

5番手にトロ・ロッソのクビアト。
前日のアルボン同様、1分16秒台の好タイムを記録すると共に131周を周回してデータ採取に務めた。
一方、同じホンダ・エンジンを搭載するレッドブル・レーシングのほうは不運に見舞われた。
とりあえず走行できるようにマシンは修復されたものの最新仕様のコンポーネンツは前日のガスリーのクラッシュで喪失。
さらにギヤボックスとみられるマシントラブルにも見舞われてこの日タイムアタックが出来る状況ではなく、不本意な状況のままシーズンインすることに。

新型車完成が遅れ、今回の合同テスト開始に間に合わなかったウィリアムズはベテランのクビサが精力的に周回を重ねたが、そのタイムはやはり他チームとの違いが残されるものだった。
次に全員が顔を揃えるのは3月15日(金)、いよいよ今季開幕戦オーストラリアGPということになる。