F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2019/03/15

フリー1回目、早くもハミルトンvsベッテルの様相

Albert Park Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
15日(金)12時(日本時間:10時)からアルバートパーク特設コースを舞台に2019年F1開幕戦オーストラリアGPのフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、セッション開始時の気温は21度、路面温度32度、路面はドライコンディションとなっている。
ピレリは今回、C1からC5まで5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC4という3種類のタイヤを選択・持ち込んでいる。

F1の登竜門とされるF2からはラッセル(ウィリアムズ)、ノリス(マクラーレン)、そしてアルボン(トロ・ロッソ)という昨年のランキング3位までのドライバーがいずれもステップアップ、またクビサ(ウィリアムズ)、ジョビナッツィ(アルファロメオ)といった復帰組の顔もみられる。
今年ドライバー・ラインナップに変更がないのはメルセデスとハースの2チームのみとなっている。
なお既報のように開幕直前に死去したチャーリー・ホワイティング/レースディレクターを悼み、喪章を付けたマシンもみられる。

インストレーションラップを終え、各車最初の走行に入るが、唯一ルノーのヒュルケンバーグだけがガレージに留まったまま。
電気系のトラブルということで作業が続けられている。
不名誉なクラッシュ第一号は、この時点で11番手タイムだったトロ・ロッソの新人アルボンだった。
フロントウィングを失ったマシンは自力でガレージに戻ったがこちらも第一号の赤旗中断を演じることとなった。
残り20分足らずでセッション再開、ヒュルケンバーグ(ルノー)もやっとコースに戻る。
そして今度はボタス(メルセデス)が15コーナーでウォールにヒット、こちらはイエローコーションとなった。

トップタイムはハミルトン(メルセデス)で1'23.599のベストタイム。
これに0.038秒差でライバルのベッテル(フェラーリ)が続いた。
以下、ルクレール(フェラーリ)、フェルスタッペン(レッドブル)、ボタス(メルセデス)、ライコネン(アルファロメオ)、クビアト(トロ・ロッソ)、ガスリー(レッドブル)、マグヌッセン(ハース)、そしてヒュルケンバーグ(ルノー)の順。
アルボン(トロ・ロッソ)も12番手につけ、レッドブル&トロ・ロッソのホンダF1勢は好調な滑り出しをみせた。
このあとフリー走行2回目セッションが16時(日本時間:14時)から行われる。

オーストラリアGPフリー走行1回目の結果はこちら
オーストラリアGPの画像はこちら