F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2019/03/30

フリー2回目、ここでもフェラーリ勢が最速に

Bahrain Circuit (C)Pirelli Motorsport
拡大します
29日(金)18時(日本時間:24時)からバーレーン国際サーキットを舞台に2019年F1第2戦バーレーンGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の天候は晴れ、セッション開始時の気温は25度、路面温度32度、路面はドライコンディションとなっている。

太陽が隠れたバーレーンは急速に気温が下がり、路面温度も1回目のフリー走行スタート時に比べ一気に20度近くも下がった。
実際には土曜日の公式予選も日曜日の決勝レースもこのくらいのコンディションということになる。

各車ロングランに挑む中、アルファロメオ・レーシングの二人はフロアパネルを外すなどいずれもマシントラブルで周回が伸びていない。
とりわけライコネンのほうは結局6ラップに留まった。

トップタイムはここでもフェラーリ勢で、今度はベッテルが1'28.846でトップ。
ルクレールが0.035秒差で2番手になった。
3-4番手にハミルトン&ボタスのメルセデスAMG勢、5番手ヒュルケンバーグ(ルノー)、6番手フェルスタッペン(レッドブル)、7番手マグヌッセン(ハース)、8番手ノリス(マクラーレン)、9番手グロージャン(ハース)、10番手クビアト(トロ・ロッソ)となった。
ガスリー(レッドブル)は12番手、アルボン(トロ・ロッソ)は13番手。
ウィリアムズ勢は今回も最後尾に留まった。

バーレーンGPフリー走行2回目の結果はこちら
バーレーンGPの画像はこちら