F1ニュース F1レース速報 F1レース画像

 ■ F1ニュース
☆ 2020/07/03

オーストリアGPフリー1回目はハミルトン(メルセデス)最速

Redbull Ring (C)Pirelli Motorsport
拡大します
7月3日(金)11時(日本時間:18時)からシュピールベルクにあるレッドブルリンクを舞台に2020年F1開幕戦オーストリアGPのフリー走行1回目セッションが無観客で始められた。
例年に比べ実に4か月近く遅れたスケジュールとなっていいる。
天候は晴れ、セッション開始時の気温は17度、路面温度22度、コースはドライコンディションとなっている。
ピレリは今回5種類用意されたコンパウンドのうち、ホワイトのハードにC2、ミディアムのイエローにC3、そしてレッドのソフトにC4という中間の部類に位置する3種類のタイヤを選択・持ち込んでいる。

メルセデスAMGチーム注目の『DASシステム』をテストしている模様。
残り約20分、オコン(レーシング・ポイント)?のマシンから部品が脱落、一時バーチャル・セーフティカーとなる。

結局トップタイムはハミルトンの1'04.815、2番手も僚友のボタスが1'05.172で続き今年もメルセデスAMG勢の1-2体制。
昨年のここオーストリアGPのウィナーで今シーズンの躍進が期待されたフェルスタッペン(レッドブル)は3番手となった。
以下、サインツ(マクラーレン)、ペレス(レーシング・ポイント)、ノリス(マクラーレン)、アルボン(レッドブル)、リカルド(ルノー)、マグヌッセン(ハース)、ルクレール(フェラーリ)の順。
ベッテル(フェラーリ)は12番手、アルファタウリ(旧トロ・ロッソ)はガスリー16番手、クビアト19番手に留まる。
ハースのグロージャンはマシントラブルのため最後までガレージで作業が続いた。
このあと15時(日本時間:22時)からフリー走行2回目セッションが行われる予定となっている。

オーストリアGPフリー走行1回目の結果はこちら
オーストリアGPの画像はこちら



Google

Copyright (C) FMotorsports 2020 All Rights Reserved.